Blog


MacBookProが充電されない→ロジックボード不具合→ファームウェアパスワード解除

ある日突然MacBookPro(13inch 2011 early)のバッテリーが充電されなくなって自力で修理したという話。
【症状】
・MagSafe のLEDが常に緑点灯(非充電中)
・MagSafe を繋いだ状態で電源ボタンを押しても起動しない(Fan回る→停止→Fan回るを永遠繰り返す)
※MagSafe を取り外した状態から電源ボタン押しっぱなしでMagSafe 取り付けて、暫くしてから電源ボタンを離すとOSが起動する(常時Fanフル回転)
・デスクトップ上部ステータスバーのバッテリーアイコンが無い
・システム情報のハードウェア→電源のバッテリー情報が無い
バッテリーが完全に放電して充電されないのでバッテリーが取外されているのと同じような状態となっていると推測される。
ということでバッテリーが充電されない原因を調査した。
関係しそうなパーツを取っ替え引っ換えして切り分けしながら原因箇所を絞り込んで自力で直してみようと思う!
【調査結果】
SMCリセット•••改善なし
バッテリー交換•••改善なし
③ACアダプタ交換•••改善なし
MagSafe DC-in Board交換•••改善なし
ロジックボード交換•••改善した
ロジックボード(中古)の交換でバッテリーが充電されるようになりました。
MagSafe のLEDも橙点灯(充電中)に変わりました。
めでたしめでたし。
と言いたいところでしたが、
ここで新たな問題発生!!!
eBayで買ったロジックボードはファームウェアパスワードで鍵が掛かっていた(つまりOSが起動できない)。(泣)
eBayの問合せフォームから販売元に、
「ファームウェアパスワードが掛かっていたのでパスワードがわかるなら教えてくれー」と連絡したが
「私が購入した時にはパスワード無しで起動した。何故パスワード求められるのか私にはわからない。」
と、とぼけた回答をしてきた。
そこそこの値段のものなので返品したかったが海外発送なので諦めて何とかして直す方法がないか考えることにした。
とりあえず色々調べてわかったこと。
・ファームウェアパスワードはロジックボード上にあるBIOS(EFI) Chipというものに保存されている。
・ファームウェアパスワードが掛かっていると、CDブートやPRAMクリア等すべて無効化されておりパスワードを削除することが不可能。
・AppleStoreに依頼すれば有償でパスワード解除可能(しかし、私のMBPは改造しているのでサポート対象外)。
・非正規の業者でパスワード解除してくれるところがある。
 
・良く知られているパスワード解除方法には主に以下の2つがある。
  1.特殊な自動入力キーボードで4桁の数字の組合せをひたすら試して時間をかけて解除する
  2.EFI Chipをヒートガン等でロジックボードから取り外して特殊な装置でROMを書き換える(初期化)
 
お金を掛けて修理に出すのは何だか負けた気がするので故障を覚悟した上でDIYを検討することにした(ただの悪足掻きw)。
まず、自動入力キーボードを自作しようかと考えた。が色々と知識が無いのでかなりの労力を要し途中で挫折するのが目に見えるので断念。
YouTube で外人さんがパスワードが掛かったEFIチップをヒートガンで取外してROMのファームウェアを初期化して再度取付けてパスワードが削除されていることを確認している動画がいくつかあった。
今回交換した旧ロジックボードのEFIチップ(ファームウェアパスワード無し)を新ロジックボードに移植すればパスワードクリアされるのでは?と考えた。💡

 

ググってみたがEFIチップの交換や移植に関する記事は見つけられなかった。
ものは試しだ!(笑)
EFIチップのロケーションもわかったのでチップ移植に挑戦してみることにした。
ヒートガンとフラックスをホームセンターで購入。

チップの周りをアルミホイルでマスキングして、フラックスを塗布してからヒートガンでチップ全体を加熱。するとポロっと取れました。
※ロジックボードをボディから取り外して作業した方が良いです。私はボディに載ったままの状態でヒートガン当てて注意が足らずディスプレイの蝶番のプラスチックが変形しました。
そしてチップ移植!

下の写真にあるロジックボード右手前のチップがそれ。

続きを読む 0 コメント

launchdでvpndを自動起動。あれっ?繋がらない?

launchdを使ってOS起動時にvpndを自動起動してみた。

 

こちらを参考にさせて頂きました。

 

なお設定環境は以下となります。

MacBookPro (13-inch, Early 2011)

OS X El Capitan 10.11.4

vpn設定ファイルの準備

 

まず、下記の設定ファイルを作成します。(詳細は割愛)

/Library/Preferences/SystemConfiguration/com.apple.RemoteAccessServers.plist

/etc/ppp/users.plist

 

launchctlのplist作成

続きを読む 0 コメント

dyson V6 Mattress を使用した感想

私はハウスダスト(ダニ)アレルギー

ここ最近布団に入ると目が痒くなったり鼻水が出てきてアレルギーっぽい感じ。

去年アレルギー検査を行ったときにハウスダスト(ダニ・ダニの死骸)のアレルギー反応が最も高かったです。

恐らく布団にいるそれが原因だろう。


娘も寝てるときにゲホゲホ咳してる。辛そう。。。

きっと私と同じアレルギーだろう。


秋になり空気が乾燥してきてハウスダストが部屋中を舞いやすくなっているのかな。

布団のダニ対策

続きを読む 0 コメント

dynabook AX 53C 改造 不具合発生→プロードライザ交換

dynabook AX 53C のフリーズ現象

先日北海道に帰った時にお義父さんからdynabook AX/53Cの動作が遅くて使いづらいと言うことを聞き、単にハードウェア構成の問題と思いCPUとHDDとメモリとOSを入れ替えれば復活するだろうという想いで埼玉までハンドキャリーしました。翌週また北海道に来る予定があったのでちゃちゃっと終わらせて持って来るね。と言い残し。

が、後々電源トラブルに悩まされる事となるのは想定外だった…。

元々の構成は
CPU. Intel Celeron M
Memory. 1G ( 512 x 2 )
Graphic. Mobile Intel 943 GML Express Chipset
OS. Windows Vista

とりあえずネットでAX 53Cの情報をググり、CPU換装ではMソケットのCoreDuo T2300Eで実績があるようだったのでヤフオクにて750円でゲット。ついでにメモリも1G x 2 を2000円でゲット。

よし!届いたら交換して終わりだ!

という気持ちで落札した商品を待つ。

その間に、自宅に余っていたSSD(120G)があったのを思い出しクローンコピーした。起動は特に問題もなくSSD化は成功。ついでにライセンスの余ってたアップグレード版のWindows 7 があったのでインストール。オンラインでのライセンスキーの認証でエラーとなるので電話によるライセンス認証手続を行ってみたところオペレーターから幾つかの質問に答えて確認IDを入力するとあっさり認証済に変わった。Windows 7化も成功。

CPUとメモリが自宅に到着。
メモリ交換は問題無く成功。
続いてCPU交換。ネット調べた分解の解説を見ながらPCを分解してゆく。ファンから大きな埃の塊が…。何か最近コゲ臭いって言ってたのはこのせいかな。ファン周りはエアダスターで綺麗に清掃。でやっとCPUに到達。CPU交換したら組立てて起動!まずはBIOSのチェック。CPUが認識されていることを確認。ではwindowsの起動。ポチッ。

ブツッ!(スピーカーからのノイズ)
…。
……。

ん??動かない。画面が乱れてフリーズした!

CPUの熱暴走か?再度CPUを取り付け直すが現象変わらず。
バッテリー駆動だとMicrosoft Corporation とインジケータが表示される画面まで進むけどそれから先に進む時に必ず画面が乱れてフリーズした。ACアダプタで起動するとインジケータが表示される前の段階でフリーズ。古いCPUに戻しても同じ現象。

え!?マザーボード壊れた?

不具合が発生したため一週間後の返却はできず修理に明け暮れる日々が始まった。

現象をググったら、この機種ではお馴染みのフリーズ現象があるようでした。

マザーボードのCPUの裏にあるプロードライザと呼ばれる安定化のためのコンデンサが劣化(?)した場合にフリーズ現象が発生するとか。バッテリー駆動では起動するみたいですが、私の症状ではバッテリーでもACアダプタでもフリーズしました。

CPU換装ではプロードライザには全く触れていないので、プロードライザ故障というのも納得できない。ただ現象的にはプロードライザ起因の症状にそっくり。半信半疑でプロードライザの交換を実施してみた。

まず、実際に取り付けられているOE128と全く同じ型番のものをAmazonで見つけたので注文してみた。1個980円。慣れないはんだ付けで苦戦しながらも何とか取り付け完了。期待を込めてPC起動!

ブツッ!
…。
……。


ぐはっ!直らねーじゃねーか!
ちくしょー!

ヤケクソで予備に買っていたもう一個のOE128も付けたった!ダブルでどうやー!

ブツッ!
…。
……。

プロードライザじゃなくてマザーボードの故障なのか?数日間悩んだ。調べた。

OE128は製造中止になってから暫く経っており容量抜けが起きておりネットで売られている新品の中にも使えないものが多くあるという情報を得た。

ヤフオクでOE128で検索してると、プロードライザの代替部品というのを見つけた。

商品説明:導電性高分子タンタル固体電解コンデンサ 330μF 2.5V 低ESR品 4個組(パナソニック製)

一度失敗を経験し、本当に原因はプロードライザなのだろうか?という疑念が頭を過るなか最後の勝負に出た。これでダメだったら諦めて、お義父さんには新しいPCを買って貰うように説明しよう。そして僕のプライドも傷つく。

ヤフオクで代替部品を購入。慣れないはんだ付けも少し上達したような気がする。

まずはバッテリー駆動で。
ドキドキしながら電源ON!!










おーーーーーーー!!!!
起動したー!(感動)

次にACアダプタで起動!!










きたーーーーー!!!!
♪───O(≧∇≦)O────♪

暫く動作させてフリーズすることもありませんでした。

ということで、壊れた原因は不明ですがプロードライザ不具合によるフリーズ現象だったことが判明し、僕の心はスッキリしました。

やっとお義父さんにPC返せるようになった!良かった良かった。

もしプロードライザを購入するなら検査済の良品と分かっているOE128か代替のコンデンサをオススメします。

以上
2 コメント