MacBookProが充電されない→ロジックボード不具合→ファームウェアパスワード解除

ある日突然MacBookPro(13inch 2011 early)のバッテリーが充電されなくなって自力で修理したという話。
【症状】
・MagSafe のLEDが常に緑点灯(非充電中)
・MagSafe を繋いだ状態で電源ボタンを押しても起動しない(Fan回る→停止→Fan回るを永遠繰り返す)
※MagSafe を取り外した状態から電源ボタン押しっぱなしでMagSafe 取り付けて、暫くしてから電源ボタンを離すとOSが起動する(常時Fanフル回転)
・デスクトップ上部ステータスバーのバッテリーアイコンが無い
・システム情報のハードウェア→電源のバッテリー情報が無い
バッテリーが完全に放電して充電されないのでバッテリーが取外されているのと同じような状態となっていると推測される。
ということでバッテリーが充電されない原因を調査した。
関係しそうなパーツを取っ替え引っ換えして切り分けしながら原因箇所を絞り込んで自力で直してみようと思う!
【調査結果】
SMCリセット•••改善なし
バッテリー交換•••改善なし
③ACアダプタ交換•••改善なし
MagSafe DC-in Board交換•••改善なし
ロジックボード交換•••改善した
ロジックボード(中古)の交換でバッテリーが充電されるようになりました。
MagSafe のLEDも橙点灯(充電中)に変わりました。
めでたしめでたし。
と言いたいところでしたが、
ここで新たな問題発生!!!
eBayで買ったロジックボードはファームウェアパスワードで鍵が掛かっていた(つまりOSが起動できない)。(泣)
eBayの問合せフォームから販売元に、
「ファームウェアパスワードが掛かっていたのでパスワードがわかるなら教えてくれー」と連絡したが
「私が購入した時にはパスワード無しで起動した。何故パスワード求められるのか私にはわからない。」
と、とぼけた回答をしてきた。
そこそこの値段のものなので返品したかったが海外発送なので諦めて何とかして直す方法がないか考えることにした。
とりあえず色々調べてわかったこと。
・ファームウェアパスワードはロジックボード上にあるBIOS(EFI) Chipというものに保存されている。
・ファームウェアパスワードが掛かっていると、CDブートやPRAMクリア等すべて無効化されておりパスワードを削除することが不可能。
・AppleStoreに依頼すれば有償でパスワード解除可能(しかし、私のMBPは改造しているのでサポート対象外)。
・非正規の業者でパスワード解除してくれるところがある。
 
・良く知られているパスワード解除方法には主に以下の2つがある。
  1.特殊な自動入力キーボードで4桁の数字の組合せをひたすら試して時間をかけて解除する
  2.EFI Chipをヒートガン等でロジックボードから取り外して特殊な装置でROMを書き換える(初期化)
 
お金を掛けて修理に出すのは何だか負けた気がするので故障を覚悟した上でDIYを検討することにした(ただの悪足掻きw)。
まず、自動入力キーボードを自作しようかと考えた。が色々と知識が無いのでかなりの労力を要し途中で挫折するのが目に見えるので断念。
YouTube で外人さんがパスワードが掛かったEFIチップをヒートガンで取外してROMのファームウェアを初期化して再度取付けてパスワードが削除されていることを確認している動画がいくつかあった。
今回交換した旧ロジックボードのEFIチップ(ファームウェアパスワード無し)を新ロジックボードに移植すればパスワードクリアされるのでは?と考えた。💡

 

ググってみたがEFIチップの交換や移植に関する記事は見つけられなかった。
ものは試しだ!(笑)
EFIチップのロケーションもわかったのでチップ移植に挑戦してみることにした。
ヒートガンとフラックスをホームセンターで購入。

チップの周りをアルミホイルでマスキングして、フラックスを塗布してからヒートガンでチップ全体を加熱。するとポロっと取れました。
※ロジックボードをボディから取り外して作業した方が良いです。私はボディに載ったままの状態でヒートガン当てて注意が足らずディスプレイの蝶番のプラスチックが変形しました。
そしてチップ移植!

下の写真にあるロジックボード右手前のチップがそれ。

EFI firmware chip 交換後の写真
EFI firmware chip 交換後の写真
EFI Chip : MXIC MX25L6405E
EFI Chip : MXIC MX25L6405E

 

その後PCを復元して、

いざ!電源ON!!

その結果…、

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャー-ン(起動音)🎶✨
 
 
 
なんとOSが正常に起動しました!
めでたしめでたし。
 
ファームウェアパスワードが掛かっているEFIチップをファームウェアパスワードが設定されていないEFIチップと交換することでパスワード削除出来ました。
MacBookのモデルによってEFIチップのファームウェアが異なるみたいなので注意は必要です。
初期化されたEFIチップ単体も売ってるようです。
※あくまでも私個人の成功談です。ご参考にされる方は自己責任でお願いします。